Blu-ray Disc 業界探訪記

  • 第一回 イメーション

    TDKブランドブルーレイメディア販売

TDK Life on Recordのブルーレイディスクの特徴は独自の光ディスク用ハードコート技術

イメーションは国内でブルーレイのメディアを引っ張ってきたTDKブランドのメディアを販売している。イメーションのオフィスは、おしゃれなブランドショップが軒を連ねる南青山に位置する。

イメーションは1996年にポストイットなどで有名なスリーエム(3M)社から記録メディア事業部門が分離独立してできた会社であり、米国本社を拠点に世界100以上の国と地域で活動するグローバルカンパニーだ。2007年にはTDK株式会社の記録メディア販売事業を買収し、現在TDK Life on Recordブランドの各種製品を販売している。

「小売店で売られているCD-R/DVD-Rなどの光ディスクやUSBフラッシュメモリなどでイメーションブランドをご存知の方も多いかと思いますが、業務用の磁気テープではトップシェアを誇っており、データストレージの分野では業界をリードする存在です。ImationやTDK Life on Recordブランド以外にも、IBM、Sun StorageTek、Exabyteなどのデータストレージ製品を扱うマルチブランド企業です」と、同社マーケティング本部のN氏は説明する。

日本では非常に強いTDKブランドだが、ブルーレイメディアの強さの秘密はその技術力にあるという。

「TDK Life on Recordのブルーレイディスクの特徴はなんといっても独自の光ディスク用ハードコート技術ではないでしょうか。ブルーレイディスクが登場した2003年当時その姿がカートリッジ式だった事は、BDマイスターを目指す皆さんは当然ご存知だと思います。CDやDVDに比べ、BDは信号の記録密度がはるかに微細なため、小さいキズや汚れでもデータに重大な影響を及ぼすと考えられていたのです。しかし、『DURABIS2』と呼ばれる専用のハードコート技術が開発されたおかげで、カートリッジなしのBDディスクが生まれる事になったんです」(N氏)

殻を破ったブルーレイディスクの進化はそのような技術がバックグラウンドになっている。
同社が販売するデータ用ブルーレイディスクBD-R DL「BRD50PWB」(1〜4倍速対応)は2層の記録膜により50GBという記録容量を実現しているため、大容量のデータも安心して保存できる。上記DURABIS2技術によってキズや汚れに強いのはもちろん、独自の高精度スピンコートにより安定した記録/再生を実現している。内径24mmまで印刷できるワイドプリント仕様だ。

会社概要

イメーション株式会社
〒107-0062
東京都港区南青山4丁目18番16号
フォレストヒルズ・WEST WING
【代表取締役会長】
松井 国悦
【代表取締役社長】
市村 操
【設立】
1996年5月10日
【資本金】
4億8千万円
【従業員数】
190名(2008年4月1日現在)