Shop Interview 機材選びから撮影、編集、BD-Rでの作品配布まで、自分だけのブルーレイオリジナルタイトル作りをトータルにサポートする。

マイスター「デジタルサポートSOGA」

愛知県豊田市にある、日本最小にして最強の地域密着型BD専門店を訪問した。

田園風景の続く中、自宅の一角で 「ブルーレイマイスターがいる店」と手作りの看板を掲げられているのが、2008年6月17日にご夫婦でビジネスをスタートされた「デジタルサポートSOGA」。ご主人がまずマイスターを取得され、ご主人のマンツーマンのレッスンのもと、新婚の奥さまもつづいてマイスターを取得。家電にこだわる若い方はもちろん、地元のおじいさん、おばあさんとともに、一人ひとりの個性にあわせた目線や語り口でブルーレイディスクの魅力を広く伝えているという。

―― どうやって検定を見つけられましたか? また、検定を通して得た知識は実際の仕事に役立っていますか?

【曽我潤一朗さん】 mixiを見ていたら、BDマイスター検定の証明書を自分のプロフィール画像にしていた人を見つけ、これは面白いとさっそく調べてマイスター検定を見つけました。取得するのはもちろん、全国ランキング一位になるぞと生活の一部に一日一回のマイスター受験を日課にしました。最近では、どんな仕事をしているのか?と聞かれた時にBDA公認のブルーレイマイスターですよ、と言うとなにやら最新の仕事をしているようだと理解してもらえるので、自分の仕事を説明しやすくなりました。(笑)

【曽我洋子さん】 主人のブルーレイマイスター日本一という事業方針に賛同し、毎晩ホワイトボードを使っての個人授業を受けながら、自分でも各社のブルーレイ説明サイトをめぐって勉強して合格しました。お客様と主人とのブルーレイに関しての会話を理解できるようになり、私が担当しているお客様ごとに毎回その場でお作りしている、オリジナル手引き書を作りやすくなりました。

―― 「BDマイスター」の資格を持っていることが利点になることはありますか?

【曽我洋子さん】 「ブルーレイは聞いたことあるけど何?」と声をかけてもらえ、近所の方がちょこちょこ相談にみえるようになりました。

【曽我潤一朗さん】 ブルーレイ入りの最高級の大画面パソコンをお客様にお買い上げいただけました。

―― 「BDマイスター」の認定証と認定カードをどのようにお使いですか?

【曽我潤一朗さん】 認定証はサポートルームに飾ってあります。名刺の裏にも一番上に書いてあります。(笑)認定カードは名刺とともにカードホルダーに入れ、首から下げています。

―― 最近のブルーレイ機器の販売状況はいかがですか?

【曽我潤一朗さん】 最近は、特にブルーレイディスクに興味がなかった方も、どうせ買い換えるならブルーレイという方が増えてきました。いよいよブルーレイが当たり前の時代に入った実感があります。

―― ブルーレイディスクの利点をどのようにどのように説明されていますか?

【曽我潤一朗さん】 実は開業以前からお世話になっているショップの80歳になるオーナーは、すごい迫力と情熱で、「死ぬ前にブルーレイ見とかんと閻魔様にしかられるぞ、DVDで満足していたらあかんBDを体験しなさい」と地域のお年寄りに言っています。さすがに若輩者の私からは同じ表現はできませんが、子供の映像をブルーレイにしておかないと、子供が成長して大人になって見たときに、古くさいビデオになってしまう。今なら白黒かカラーかの違いと同じだよ。(笑)と説明しています。
またVHSのテープを整理したい方も多く、そんな場合には二時間のVHSテープで約25本分がブルーレイ一枚に入るのでいいですよと説明します。その為にいつでもVHSからブルーレイにダビングする実演ができるようにしてあります。

【この地域の特徴】 曽我洋子さん

おじいさん、おばあさんが元気に張り切って生活している地域で、孫を子供世代といっしょに育てています。おじいさんが孫の成長の記録係で、カメラやビデオ撮影を趣味にされておられる方が多いのも特徴です。ただ撮影するだけでなくちゃんと編集し、タイトルやテロップさらには効果音も入れディスクに保存し、周囲にも配布する趣味の方もおられます。そんな方々を総合的にサポートさせていただいています。

【地域に密着】 曽我潤一朗さん

この店をはじめる前の2004年にハイビジョンカメラを導入しました。その後ずっと地域の要望にこたえる形でビデオ撮影も引き受けています。たとえば地元の保育園の父母の会から保育園の発表会の撮影を依頼されたり、個人の方から習い事の発表会の撮影を頼まれたりもしています。ただ、うちはビデオ制作会社ではありません。使っている機材はすべて家庭用です。個人の方が私と同じようにご自分の作品を楽しんで作っていただくことを最終目的としています。ブルーレイの良さを知っていただく活動の一環でもあり、特典映像として、ブルーレイとテレビの正しい接続と調整の方法の映像を自主制作して挿入しています。
昨年に比べてお客様への納品の形としてブルーレイを希望される方が増えています、次回はもっとブルーレイでの納品を増やしたいと思っています。
その他にも、公民館を借りて、地域のおじいさん、おばあさん向けにPC講習会もやっています。これまでにパソコン教室に何度も行ったけど、結局理解できなかったという方も多くおられるので、お一人お一人のご希望をお聞きして、きめ細かな対応をさせていただいています。その他にも、椅子に座ってPCを使うとどうも落ち着かないという、地域のおじいさんや、おばあさんの為に和室パソコンサポートルームも完備しました。リラックスして心行くまで質問できる雰囲気作りにも心をくだいています。

豊田市と言えば、まさに世界最大の自動車メーカーの地元、徹底した地域密着型BD専門店として一人ひとりの年齢や性格、生活環境までも配慮した超顧客志向な接客。『デジタルサポートSOGA』には、単にBDを販売するのではなく、最新技術を使える楽しさ、最新技術を開発した開発者の思いを伝える情熱とお年寄りに対するやさしさが満ち溢れていると今回の取材を通して強く感じることができた。 (文責:近藤敏康)

【店舗データ】
『デジタルサポートSOGA』
愛知県豊田市長興寺5-77
TEL:0565-31-2703
店舗URL
ブログURL
  • ファーストシーズンアーカイブ
  • セカンドシーズンアーカイブ
  • サードシーズンアーカイブ
  • フォースシーズンアーカイブ
  • フィフスシーズンアーカイブ
  • ファイナルシーズンアーカイブ