Shop Interview ブルーレイ時代の幕開けに合わせ、検定を通して知識の整理と向上を。

【マイスター】『ヤマダ電機 LABI池袋店』2F テレビ・デジタルレコーダー/フロアマネージャー 小田中貴司さん

『ブルーレイ・ディスク・アソシエーション(以下 BDA)』が実施している「ブルーレイディスクマイスター検定」。この検定に見事合格し、現在BDA公認のブルーレイディスクマイスターとしてブルーレイ・ディスクの魅力を広く伝えているのが、『ヤマダ電機 LABI池袋店』のテレビ/デジタルレコーダー・フロアで働く小田中貴司マネージャーだ。

BDレコーダーを発売当初から取り扱ってきたという小田中さんは、言わばBDのエキスパート。しかし、そんな彼でもマイスター検定の受検を通して新しく発見したこと、学んだことが多かったという。

――「ブルーレイ・ディスク・マイスター」の資格を取ろうと思ったきっかけは何ですか?

以前より「ブルーレイディスクマイスター検定」のことは少し話には聞いていたのですが、時間がなくて受検はしていませんでした。しかし、最近BDレコーダーに人気があり、この店舗でも光ディスクレコーダー販売のほとんどがBDになってきているので、改めて自分の知識の整理と更なる向上を目指し、受けてみようと思いました。
また、売り場の責任者である自分がまず資格を取ることで、他のスタッフにも受検を勧め、BDに対する知識をフロア全体で高めていきたいという狙いもありました。

―― 受検してみてどうでしたか?

受検する前は、商品に関する知識的な設問が多いのではないかと思っていましたが、そうではなく、BDに関する基本的な質問からマニアックな質問までバリエーションに富んでいて非常に楽しかったです(笑)。改めて勉強し直す部分もあり、これまで以上に多角的にBDに関しての知識を深めることができたと思います。今考えれば、もう少し早く受検しておけば良かったなと(笑)。

―― 検定で学んだことは日々の仕事に何か役立っていますか?

たくさんあります。例えば、BDのディスク容量を説明するとき。これまでは販売員である自分たちからすると知っていて当たり前の情報として、「DVDの容量は4.7GBでしたが、BDだとその容量が25GBもあり、50GBのものまであります」と数値で簡単に伝えていました。しかし、「BDはDVDの約5倍、10倍の容量があり、一枚で5枚分、10枚分の記録が可能です」というふうに、お客様がもっと具体的にイメージできる説明が必要だと学びました。
実際、DVDからBDに買い換える人が多いため、容量ではよく理解できなかったお客様でもDVDの何枚分、しかも1枚でハイビジョン放送を2時間連続で録画できますよと伝えるとすぐに納得してくれるようになりましたね。
また、BDについてまったく知らないお客様ですと「ブルーレイって何?」というところから始まります。「BDレコーダーだとDVDは再生できないんじゃないの?」といった質問も多いです。そういったお客様には、「もちろんBDレコーダーひとつでCDもDVDもすべて録画・再生が可能ですよ」といった基本的なことから説明していき、プラスアルファでメーカー別の最新機能などを伝えると、逆に非常に興味を持ってもらえます。
現在はBD1枚の価格がDVD1枚の価格よりも少し高いのですが、その点もBDの容量の大きさ、画質の良さなどをしっかりと伝えることで、BDの持つ特長やお得感を理解していただき、最近ではレコーダーと合わせてディスクを購入していくお客様も急増しましたね。
すべてのお客様が理解できる説明を心がけること。ひとつの伝え方だけではなく、何通りも伝え方を用意しておくこと。そういった我々販売員の接客に必要な知識や心構えを、マイスター検定を通して身に付けることができたように思います。

―― 実際、お客様のBDに対する認知度・利用度は確実に高まっていると感じますか?

レコーダーの販売を始めた頃を振り返るとBDの現在の盛り上がりはまったく考えられなかったです(笑)。例えば、数年前だとBDレコーダー機種は安くても20万〜30万円でした。しかし、今では最新モデルの上位機種でも20万を下回るほど。また、レコーダー以外にもパソコン、カメラ、ソフトと商品市場も日々進化・拡大していますし、それに合わせてお客様も積極的にどんどん利用するようになってきている。まさに「ブルーレイの時代」到来って感じです。
また、これからの年末商戦で薄型テレビが大きく動くと思いますが、それらテレビを買っていく際にDVDからBDレコーダーに買い換える人が急増するのではないかと見ています。特にこの池袋店はBDに対しての知識が豊富なお客さんも多いので、その傾向は強いでしょう。だからこそ我々販売スタッフはテレビと同じメーカーのレコーダーであればリンク機能があって、合わせて買えばこんな面白い使い方やサービスもある、といった決め細やかな説明ができなくてはいけません。また、お客様の考えや使い方に合わせて、テレビ、レコーダーだけでなくパソコンやカメラなど最適な組み合わせをしっかりと提案できるようにもならなくてはいけません。その点からみても、今回マイスター検定を受検して知識を深めたのは大きなプラスになったと感じています。

―― 最後に、マイスター検定合格者には今後、マイスター公式認定書と名刺サイズの公式認定カードが授与されるのですが、それをどのようにお使いになりますか?

もちろん届き次第、認定カードを付けて売り場に立ちたいですね(笑)。お客様から「信頼して相談できる相手だ」と思っていただきたいですし、自分もそのための努力は惜しまないつもりですから。
今後はフロアスタッフ全員にマイスター認定カードを付けさせて、お客様へのサービスと信頼の向上を図り、同時に売り上げアップにもつなげていければと思っています。

今回、取材に応じてくれた小田中さんをはじめ、スタッフ全員がBDについての深い知識を持つ『ヤマダ電機 LABI池袋店』。また、2Fのテレビ・デジタルレコーダーフロアではBDの魅力をゆったりと体感できるよう、レイアウトを広めにし、わかりやすいディスプレイを心がけるなど、BDに対する来店客の興味・関心を先読みし、満足度を高めるその姿勢に、業界大手といわれる所以を見たような気がした。(文責:坂井伸也)

【店舗データ】
『ヤマダ電機
 LABI池袋店』
東京都豊島区東池袋1-41-1
TEL:03-5958-7770
会社URL
店舗URL
  • ファーストシーズンアーカイブ
  • セカンドシーズンアーカイブ
  • サードシーズンアーカイブ
  • フォースシーズンアーカイブ
  • フィフスシーズンアーカイブ
  • ファイナルシーズンアーカイブ