マイフェイバリット ブルーレイ 第6回 結(ゆい)さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベスト3の作品

第1位 とらドラ! Blu-ray BOX

BDマイスターサイトの投票によりBD化が実現した記念すべき作品。人気ライトノベルのアニメ化で根強い人気がある恋愛アニメ。主人公「高須竜児」と「逢坂大河」との出会いが、ときにドタバタ、ときにシリアスにお互いの距離を縮めていくのが見どころ。BD版ならではの特典も満載されているので、ファン必携のタイトル。

販売元: キングレコード





「とらドラ!」に登場するキャラクターには共感できることが多く、心に残りますね。とくに印象に残っているのが16話と17話です。この2話で物語が大きく動きますね。
それまで体裁を保ちながら関係を維持していた登場人物たちが、それぞれの本性、本質が見えてきてストーリー自体も山場を迎えると感じています。ストーリーの流れも“もう引き返せない”感じが漂ってきて、観ているこっちもどきどきしますね。
それまでポップだったオープニング、エンディングは17話以降、シリアスな雰囲気に変わるんですよね。このガラッと雰囲気が変わる感じも好きです。

第2位 ある朝スウプは

この映画と出会って人生が変わったと言っても過言ではないですね。主人公がパニック障害で、かつ、カルト宗教にはまっているという部分があり、そのために個性の強い変わった映画だと思われがちです。しかし作品の本質は、男女一組の恋愛模様を淡々と描いています。その男女の恋愛の描き方や空気感、台詞回しなど、全てが素晴らしいです。残念ながらDVD化しかされておらず、それも入手困難なので、ぜひBD化して欲しい作品です。そんな気持ちを込めて2位に入れさせていただきました。

販売元: エースデュース

【作品紹介】

ソラニン、ランウェイ☆ビートの脚本家として知られる 高橋 泉監督の作品。静かに崩壊する男女の絆を冷静に描きり、日本映画監督協会新人賞やぴあフィルムフェスティバル2004のPFFアワード・グランプリなど受賞した。BD化はされておらず現在DVDの生産も終了しているので入手は困難。

第3位 リトル・ミス・サンシャイン

娘をミスコンに出場させるために家族で旅をする映画です。この映画のダンスシーンが好きです。作品のテーマである家族愛の描き方も見事です。私はこの作品に出てくる中二病のお兄ちゃんがとくにいい味を出していると思っています。このお兄ちゃんが、思春期をこじらせてしまった感じで、憎めないんですよ(笑)そのお兄ちゃんと主人公である妹のふれあうシーンはシンプルだけど心に残ります。何度観ても泣き笑いしてしまいます。

販売元: ソニー・ピクチャーズ

【作品紹介】

ニューメキシコの片田舎に住むちょっと変わった家族のマスコット的存在の少女オリーヴが主人公。オリーヴはちょっとぽっちゃりだが、カリフォルニアで開催される「リトル・ミス・サンシャイン」という美少女コンテストの出場資格を得ることになり、面白家族の珍道中が始まる。BD版のみ爆笑シーンを集めた「ギャグテイク」や別バージョンエンディング、監督によるオーディオコメンタリーを収録。本作を余すことなく楽しむならBD版がおすすめ。

※全作品の紹介とコメントは、ブルーレイディスクの小部屋 を ご覧ください。

マイフェイバリットブルーレイ一覧へ