マイフェイバリットブルーレイ 第3回 谷村 美月さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベスト3の作品

おにいちゃんのハナビ

新潟県小千谷市片貝町に暮らす兄妹の実話から生まれた物語。父親の仕事の都合で家族で引っ越したのをきっかけに、引きこもりになってしまった「おにいいちゃん」(役:高良健吾)を病気の妹「華ちゃん(役:谷村美月)」が命をかけて励ますが……片貝町で毎年開かれる片貝町まつりを通して、地域の人たちの生活と兄妹愛を描いた感動作。若手注目俳優の高良健吾と谷村美月の実力派コンビにより劇場公開当時、Yahoo!映画 レビュアーの7 割が満点の評価をした。未見の人はぜひ高画質のBD版でぜひ!

販売元: バンダイビジュアル

なんといっても、いまはこの作品が一番のお気に入りです。この作品のBD化をきっかけに、再生用にPLAYSTATION 3を入手しました! 引きこもりと病気がテーマですが、見終わった後に元気が出るストーリーです。映画の舞台になった新潟県片貝町の夏と冬の景色をぜひBDの高画質で楽しんでください。花火のシーンは映像も素晴らしいのですが、ドーンという音も迫力があります。

第2位 ボックス!

比較的、最近の出演作品なので、新鮮なイメージがあります。 この作品は、男性陣がボクサーの役作りに真剣の取り組んでいたのが、印象深い作品です。現場に行くと、俳優陣とスタッフ共々が、まるで本物のボクサーとセコンドのような感じで、役作りや体型管理に取り組んでいて、みなさんのがんばりを強く感じた作品です。 相手役の市原隼人くんとは、「神様のパズル」以来、2回目の共演でした。私が演じたボクシング部のマネージャー丸野智子の役はとても自然に演じられたのですが、市原くんと2回目の共演という事もあって、なんとなくお互いの芝居がわかっていたからこそ、出来た役だとおもっています。クライマックスになる2分間の長回しのボクシングシーンでは、市原隼人くんの相手を本物のボクサーが担当していました。迫力あるシーンなので、ぜひみなさんに観ていただきたいです。

販売元: 株式会社ハピネット

【作品紹介】

「やんちゃ」と「いじめられっ子」という、対照的な幼なじみが、ボクシングのライバルとしてリングで死闘を繰り広げる熱血スポーツ映画。谷村さんはやんちゃな天才ボクサー・カブ(市原隼人)に恋心を抱く、押しかけマネージャーの丸野を好演。クライマックスのボクシングシーンをBDの高画質、高音質で観ると、まるでリングサイドで観戦しているかのような気持ちになる。特典映像の「メイキングドキュメンタリー」と「インタビュー集(市原隼人/高良健吾/谷村美月/香椎由宇 /筧 利夫/李 闘士男)」を観れば、さらに本作に魅力を感じられる請け合いだ。

第3位 サマーウォーズ

細田守監督の作品は必ずオーディションを受けるようにしています。
最初はヒロインのオーディションに行ったはずだったのですが、決まったのがゲーマーのキングカズマという少年役でした(笑)
最初は驚きましたが、どんな役でも細田監督の作品に関わりたかったので、役をいただけてすごく嬉しかった。ただ、少年ということもあり、役作りが大変でした。不意にせりふではない声が、自分の声になってしまうので、反省点だと思っていたら、逆にそこを監督に褒められたりして…ますます役作りが難解になってしまって・・・でも楽しかった作品です。

販売元: バップ

【作品紹介】

アニメ版「時をかける少女」の細田守監督による長編アニメ。人工知能に乗っ取られたインターネット上の仮想世界と現実世界の混乱を数学好きの高校生とその仲間たちが解決に挑む。谷村さんは憎たらしくもかわいい、13歳の男の子をキング・カズマこと池沢 佳主馬役を熱演。2度目の視聴には、制作の裏話が満載の特典のキャストコメンタリーを再生するのがオススメ。緻密な作画と、夏の清々しさ感じさせる配色はBD版で観てこそ、素晴らしさが伝わるはず。

※全作品の紹介とコメントは、ブルーレイディスクの小部屋 を ご覧ください。

マイフェイバリットブルーレイ一覧へ