マイフェイバリットブルーレイPLUS

2017年6月30日 更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の作品

  • 4位

    冷たい熱帯魚

    BD

    でんでんさんの怪演が光る、わたし的邦画ナンバーワンです。聖地巡礼もしたくらいです。残酷なシーンもありますが、これも繰り返し見ると癖になります。

  • 5位

    ホーリーマウンテン

    BD

    両親が大好きな映画で、母から見ろと勧められました。サイケデリック作品の金字塔で、これが好きな人とじゃないと結婚できません!

  • 6位

    酔拳2

    BD

    アクションとコメディという新境地を拓いたジャッキー・チェンが、ファンが見たいであろう要素をこれでもかと詰め込んでいます。エンディングの違いも楽しめます。

  • 7位

    サウンド・オブ・ミュージック

    BD

    中学の音楽の授業で見て引き込まれました。歌が心を繋いでくれることを教えてくれた作品です。わたしの原点の1つです。

  • 8位

    塔の上のラプンツェル

    BD

    声も演じさせて頂いています。プリンセスなのに、アクションあり、キスも自分から押し倒していく。彼女の行動力は私に勇気をくれます。

  • 9位

    ゾンビ

    BD

    A・ロメオ監督のゾンビものの原点といえる作品。アイアムヒーローも、これがなければ生まれなかったわけです。ゾンビを語るならもうこれは「義務教育」ですね。

  • 10位

    アウトレイジビヨンド

    BD

    最高です。誰が生き残るかわからない。人の2面性が見事に描かれていて、邦画でここまでゾクゾクさせられるとは。新作も見るまで死ねない!

まとめ

photo

「胃薬を飲むくらいならアクション映画をみる!」という中川さん。一番の至福の時間は、部屋で猫をお腹に乗せながら、好きな映画を観ることだそうです。多彩な活動と同様、10作品の方向性も、ホラー・サイケデリックから、アクション・SF・ファンタジーと多岐に渡りましたが、共通するのは映画としても優れた原点的作品であり、そこには情熱が溢れている、ということ。「見たことがない」という作品があれば、ぜひ一度味わってみて、映画の世界を拡げて欲しいと思いました。


まつもとあつしプロフィール

ITベンチャー・出版社・広告代理店などを経て、現在ジャーナリスト・コンテンツプロデューサー。法政大学兼任講師。ASCII.JP・ITmedia・ダ・ヴィンチなどに寄稿、連載を行う。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)「コンテンツビジネス・デジタルシフト」(NTT出版)など多数。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの研究も進めている。http://atsushi-matsumoto.jp/

マイフェイバリット ブルーレイ 一覧へ